低所得者の生活

お金が無くて生活がきつい

個人事業主の開業からすぐにお金に困った

without comments

特に何かやりたいことがなかったけれども、とりあえず個人事業主という肩書があると色々と有利になるのではないかと思い開業届を税務署に提出したことが間違いだったのかもしれません。

その年から奮起して両親と同居している傍らで扶養してもらうことを諦めてしまった結果として、市民税などの課税に悩まされることになってしまったからです。

親は私が個人事業主として大きな一歩を踏み出すということに感銘を受けていたと同時に、自分の食費代と納税代分ぐらいは自分で工面するようにという私の心には重くのしかかる一言を軽々しく投げつけてきたものですから、金策に走らなければならないと考えるのが一般的な人だと思います。

ところが、私の場合は一味違う個人事業主のスタートを切ることになってしまいました。個人事業主としてお金に困れば、何かしらの事業でお金を工面するのが得策だというのは私も薄々ながら感じていました。

しかしながら、何をやるのかも定まっていない状態で適当にライター職などという職業を開業届に書いたので、とりあえずは記事でも書いて生計を立てようと思い立ちました。

ところが、私には文才が皆無に等しかったために何もできずに二ヶ月ほどが過ぎ去りました。ついに三度目の市民税の納税期限まで一週間が迫った頃、本格的に貯金が底を突きそうになっており下手をすれば滞納によって財産を差し押さえられる一歩手前の状態に陥ってしまったのです。

これは、お金を借りるしかないと思い、個人事業者でも借りれるローン業者を探しました。探した結果、個人事業者専用のローン機関がありました。(※こちら・・・個人事業者ローン

しかし、私の場合は、実績が全くないために審査に通る事が出来ませんでした。

そのときに初めて生期間を募らせた私は、民法の条文を読み始めました。お金儲けは適法に従わなければならないという夢を見たので、その教えの通り勉強して何とかしようと考えたのです。

ところが、私の理解力が乏しいせいか内容のほとんどを理解できません。ついに納付期限まで一日という絶望的な状況に陥ったときに初めて両親に事情を打ち明けると、私のことを哀れんだような目で見て万事休すかと思いましたが結局は納税額を用意してもらえました。

当たり前のことですが、思い付きで事業を起こしても絶対に失敗します。事業を起こす場合は、しっかりと計画性を立て、失敗しない為にどうするかを考える事が大事だという事が分かりました。

Written by dort0909

6月 4th, 2016 at 2:48 pm

Posted in 未分類

若さ故に色々と無謀だったと思う転職騒動

without comments

後にも先にもお金に困ったのはこの1回だけでした。

当時私は上の子を出産したばかりでしたので、預けて働くこともできなかった時です。
主人がそれまで勤めていたハウスメーカーを突然辞め、
辞めてから就職活動をしたので転職先も何も決まっておらず、
当然自己都合なので失業保険も3カ月後からの支給で、その間はまったくの無給期間でした。
でも家賃(それまでは会社負担)、税金(厚生年金は給料引き、私の分は不要だったのが、国民年金二人分を払うようになったのでその分増額)等を払うと、1カ月の生活費は会社勤めの時よりも多く掛かるという始末でした。

当時は新卒者でも就職氷河期です。
そこに30代になった主人が参入するわけですから、なかなか決まるものではありません。
ですが、前職がいくら頑張っても、結局世の中不況でお客さんの都合で計画がダメになることを繰り返し、やりがいを感じられなくなっていた主人の気持ちも分かっていたので転職には反対しませんでした。
また働きながら激務の中、就職活動ができないことも理解していたつもりです。

そんなこんなであっという間に結婚してからの貯金はどんどん減り、一時はローンに頼ろうかと思っていましたが、もうほとんど底をつきかけた時にやっと失業保険が下りるというくらいになって、転職先も無事決まりました。
⇒※参考サイト・・・来店不要ローン※お店に行かなくてもお金を借りれるキャッシング

ところがその就職先は他県で、引っ越すことに。
さて、そこで問題になったのが引っ越し代です。当時15万くらい掛かったでしょうか。

もちろん職に就いてからおそらくお給料を頂くまでの生活費以外にそんなお金はなかったんですが、支払にクレジットカードを使いました。
そうすればその場で支払わずに、引き落としで翌々月に延ばせます。色々と緻密に計算して、なんとかギリギリ乗り切ることができました。

本当は私の在職中の貯金がかなりあったので、実際はそれを出せば良かったし、それがあるから私もいざという時は何とかなると腹をくくれていたという話なんですが、
私の貯金まで手を出すのは男として主人のプライドが傷ついてしまうのが分かっていたので、何とかギリギリで収まって良かったという話でした。

Written by dort0909

5月 14th, 2016 at 11:39 am

Posted in 未分類

夫婦ふたりっきりの、温泉旅行

without comments

今年の夏は、夫婦で過ごす初めての夏でした。
そして、当分やってこないだろう、夫婦二人きりでの夏でした。
二人の思い出が作りたくて♪

ちょっと贅沢な旅行に行くために資金集め!!私がしたのは、もう使ったり、着たりしてないブランドものの洋服を買取してもらいましたよ(*^_^*)

一番高価に買い取ってくれたのがディオールのカバンでした!!資金の大半を占めた~!!コチラで買取してもらいました♪→ディオール(Dior)買い取り専門店|財布やバッグなど高く売るために

といっても、飛行機に乗ったり、海外に行ったりはできません。
なぜなら、私が妊娠中だから。
一応安定期には入っていたのですが、まだ気持ち悪くなる日も多く……飛行機で揺られるのは勘弁して~(;’∀’) という体調。
海外に行って、万が一お腹が痛くなっても、お医者さまに安心してかかるのも難しそうですしね。
結婚前からよく二人で海外旅行していたのですが、今回は国内・近場をテーマに決めました。

どうせなら、二人で行ったことのない温泉に行ってみよう!
ごちそうも食べよう!
ということに決めて、選んだのが加賀温泉。

……いや、けっして、艦これの加賀さんのコスプレをしたいから決めたわけではありません。
コスプレしたけど。

シフト制職場の主人には珍しく、三連休をいただけたので、二泊三日で行ってきました。
せっかくなので、私は三日間浴衣で、うっきうき。
豪華にサンダーバードに乗っちゃったり♪

一日目は加賀ではなく、金沢まで行きました。本当はそこからレンタカーで能登半島を巡りたかったのですが、駅前のレンタカー屋さんに、コンパクトカーが残っておらず、金沢をぐるっとめぐる方針に変更。
兼六園や金沢城を満喫しました♪
金沢能楽美術館では、能の衣装を着させていただけました。
お寿司食べて、いちばでぷりぷりの牡蠣を食べて、駅前のホテルでお泊り♪

二日目は、加賀の片山津温泉。
まだ和食コースよりもいろいろ食べたい盛りの主人なので、晩ご飯や朝ご飯がバイキングのホテルにお泊り。
お部屋がちゃんと温泉旅館っぽくて感動しました~普段はユースホステルとかだから。
ホテルの目の前に柴山潟があり、温泉の大きな窓からの潟の風景が抜群でした。
夜は毎日花火をあげてくれているので、のんびり浮見堂まで見に行ったり、街の真ん中の足湯に浸かったり。
とてもゆっくりした時間を過ごすことができました。

 

Written by dort0909

12月 3rd, 2014 at 10:25 am

Posted in 未分類

許せたのか 許せないのかわからないけど

without comments

親戚の経験談です。ご主人は若い頃からパチンコが好きで結婚してからもやめられなかったようです。時間があるとパチンコ店に出かけてしまい何時間も帰って来ない事が多かったようでしたが、奥様はあまり気にしなかったようでいわゆる放置した状態だったみたい。

金融機関からの督促状がきて何百万の借金(インターネットキャッシング※ネットで簡単にお金が借りられる)があることがわかってから大騒ぎになりました。

それからは修羅場ですよね。金策に走る毎日だったようです。実は、奥さんの実家にも以前、ご主人が仕事の失敗をしてお金の工面をしたことがあり、それも多分パチンコの借金だったのでは?と思いますが、とても言えなかったようでした。ご主人の実家の方には、あまり十分なお金が用意できないみたいでしたが、それでも親戚から借りたりして工面されたそうです。でも、まだ足りない。息子さんの学資保険も解約して借金にあてたそうです。奥さんは離婚も考えたみたいですが、子供のためにそれはせず、ご主人と話し合いをもち、ご主人がもうパチンコをしない。借金の残りは副業で稼いで返済する。ということでとりあえずは落ち着きました。落ち着いた…と言ってもそれは、傍目に見て…ということですよね。多分、奥さんやご本人にとってはすごい労力を費やしているはずだし、それからも大変だったと思います。今現在は、借金の返済して子供さんも大学に通っているし、ご主人もパチンコはすることはなくなったようです。これも奥さんのおかげなのかな?はやく気づいて人生転換できたご主人の気持ちなのか?
実は、この一見でもめている時息子さんの様子が少しおかしくなってしまったみたいです。両親の様子をみて心が落ち着かなくなったのでしょうね。
息子の姿をみて色々思うところもあったのかもしれませんね。
奥さんが心の底からご主人を許せたのか、どうなのかはわかりません。ただ、何年の間かは、現金は家に置かなかったようだし、カードも全部破棄して自分も気をつけていたようです。ご主人と一緒にいることを選んだ彼女も頑張りました。

 

Written by dort0909

10月 29th, 2014 at 9:40 am

Posted in 未分類

看護師は自立した女性のイメージがあります

without comments

私が看護師に対するイメージとしては、なんといっても専門職であるということから、自立をしているというイメージを
持っています。

それは、看護という専門分野において、プロであるからです。しかも、その仕事に対して、誇りを持って働いていると思っています。

そのことを思うのは、どの看護師さんを見ても、凛としたイメージを持つことが出来るからです。それは、看護師のライセンスを持っているということで、自分の仕事に対して、きちんとした責任を持っているということだとも思います。

また、その一方で優しい面もよく見せてくれます。それは、患者さんのことを一番に考えて行動してくれているので、患者さんが不安を抱えていたり、困っている時等、一番身近にいる看護師さんのことを頼っているので、そのことに答えようと必死で頑張ってくれているのです。

そのため、看護師さんは、凛とした一面と、患者さんのそばに寄り添い、気持ちを理解する優しい一面も持ち合わせていることになります。

そしてそのことを、仕事をするにおいて、色々な場面で使い分けを行っているのです。
そのことから、自分を出すことができなかったりするので、ストレスを感じる仕事であるとは思いますが、そのことを自分の中でコントロールしながら働いている、看護師さんを尊敬しています。

そして女性であったら、一度はその仕事に憧れた時期があったとも思っています。そのため、看護師という仕事については、多くの女性の憧れの仕事でもあり、その職業についている人を見ると、本当に尊敬できると、思うことができます。

私の友人も看護師をしているんですが、本当に凄くて尊敬しています。毎日毎日朝は早くから遅くまで大変そうですが、愚痴一つこぼさずに働いていますよ。

まぁ、最近は新しい職場に移ろうかな…って言ってますが(;^ω^)

求人情報を見て、どこが良さそうか必死に探してますよ。
ナースバンク東京※看護師の方が求人を探すのにおすすめのナースバンク

良い職場が見つかったらいいですね(*^^)v

Written by dort0909

10月 9th, 2014 at 10:56 am

Posted in 未分類

自己中な兄&父にウンザリです。

without comments

私が不満に思っている事は、父と兄のことです。
父と兄は昔から仲が悪く、今では顔を合わせることなく(鉢合わせすると悪い空気が漂うので)生活しています。
というのも、兄は父のせいで自分が精神病になったと言いだし、大学にも行かずに何年もニート状態で引き籠りを続けているのです。
幼いころから、父は機嫌が悪くなると、母に見えない所で兄に八つ当たりをしていたようで、そんな父に怯えながら兄は生活していたようです。

そして兄は今引き籠っている間、父には文句を言えない分私や母への八つ当たりが毎日のように飛んできます。
暴力やお金を盗む等はないのですが、とにかく態度でイライラ、暴言は吐きまくりといった状態です。
兄の好きなジュースが置いていなければ「なんでいつも買っておけって言ってるのにねぇんだよ!」とドアをバンッと閉めて部屋に籠ったり、「俺がこの部屋を使う間は誰も来るんじゃねぇよ!」と大音量でテレビを流してリビングに籠ったり・・・とにかく好き放題って感じです。
母もなんだかんだ言って甘く、父は無干渉といった感じで兄も一向に直らず・・・。

一度、見るに見かねて私が兄のことを「不満なら家から出てったらいいだろうが!家族の事を道具と思ってる奴はこの家にはいらねぇんだよ!」と怒鳴りつけた際には、兄は泣きながら「ああ出てくよ!こんな家いたくもねぇよ!」と大口を叩いたものの、一時期大人しくなっただけで何も進展もなく。
私が一時期兄の事で荒れていた時期は、良からぬことまで考えた程兄のことはとにかく大嫌いです。

またそういう人間が兄だけならいいのですが、父も父で気性が荒いので、機嫌を損ねるとすぐに母に八つ当たり、兄と同じような行動をとると言った状態です。
兄はあんな父の姿を見てそっくりそのまま似てしまったのでしょうね・・・。

父は自営業をやっているのですが、その自営業が上手くいっていない時はほんとひどいですね。事業性資金も結構借りているようなのでそういうところからのイライラをすべて私たちにぶつけているんだと思います。
口では「親父のことは死んで欲しい位嫌いだ!」と言っていますが、あんたも同じことしてるだろとたまに突っ込むとそれもそれで機嫌が悪くなるのでもう突っ込むことすらやめました。(笑)

この家が平和になることってあるんでしょうかね・・・。
父はともかく、兄が一日でも早く更生して早くこの家から出てってくれる事を望む毎日です。
きっと両親がちゃんと兄のことを手をあげてでも追い出しでもしない限り、それは実現しないんでしょうけどね。
まぁ父も今の歳でまだ子供みたいな八つ当たりをしている位ですから、兄もきっと無理なんでしょうね。
できることなら父と兄とだけは縁を切りたいです。
家族にこんな事を思わなくてはいけないなんて、悲しいものですね。
できれば私も家族にこんな事は思いたくなかったです・・・。

Written by dort0909

10月 2nd, 2014 at 2:47 pm

Posted in 未分類

30歳でアルバイト生活しています。

without comments

私は今年で30歳になるんですが、いまだにアルバイト生活をしています。

毎月の給料は10万そこそこ。当然まともな生活なんて送れません。

食事は1日1食だし、お風呂に毎日入る事さえできません。こんな生活から抜け出したいと思うんですが、なかなか他の仕事が見つからず。。。

どうしたらいいのか悩んでいます。

Written by dort0909

9月 18th, 2014 at 4:42 pm

Posted in 未分類